JSSST2017 Talks

Posted on September 19, 2017

多言語に対応した衛生的マクロ機構導入方式

高桑健太郎, 渡部卓雄
日本ソフトウェア科学会第34回大会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎, Sep. 19-21, 2017.

概要

OMetaで記述された言語処理系に対する、対象言語に依存しない衛生的マクロ機構の導入方式を提案する。OMetaは強力なパターンマッチ機構を備えたオブジェクト指向プログラミング言語であり、構文解析器などを作成するのに適している。提案方式は、Racketのマクロ機構で用いられているScope Setモデルに基づき、OMetaで記述されたプログラミング言語の構文解析器に衛生的マクロの定義構文および定義機構を導入するものである。本方式をJavascriptのサブセットおよびMinCamlの構文解析器に適用し、その有効性を確認した。

論文・スライド


アクターシステムを対象としたリバースデバッギングのためのフレームワーク

柴内一宏, 渡部卓雄
日本ソフトウェア科学会第34回大会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎, Sep. 19-21, 2017.

概要

アクターモデルは並列計算モデルの一つであり,独立した状態を持つノード間での非同期通信により計算が行われる. アクターモデルでは原則として状態を共有しないため,データ競合やデッドロックといった単純な並行バグが回避できる. しかしながら,メッセージ到着順序の非決定性に起因するバグは依然として発生しうる. 我々はこのようなバグの発見を容易にすることを目的として,アクターモデルにもとづく各種言語および実行系を対象としたデバッギングフレームワークActoverseを設計・実装した. Actoverseはリバースデバッギングおよびメッセージ到着順の制御機構を備えており,メッセージ到着順序の非決定性に伴うバグの発見を支援する. 本稿ではActoverseの概要について述べ,Akkaによる例題を通してその有効性について議論する.

論文・ソフトウェア


東京工業大学におけるITシステムの価値探索を狙いとした実践的IT人材育成の試み -Problem Based Learning と Project Based Learning

小林隆志, 権藤克彦, 佐伯元司, 首藤一幸, 西崎真也, 森本千佳子, 脇田建, 渡部卓雄
日本ソフトウェア科学会第34回大会, 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎, Sep. 19-21, 2017.

概要

東京工業大学の実践的IT人材育成プログラム(以下、ITSP)は、情報理工学における学問的観点と技術的観点に、産業としての製品開発の観点を加えた教育プログラムである。ITSPにおける「実践的」とは、単に顧客に要求されたソフトウエアを開発するのではなく、社会に価値を生み出すソフトウエアをチームによる集合知をもって実現するものと捉えている。通年で実施しているPBLでは、価値創造をテーマとしたProblem Based Learningと、チーム開発としてのProject Based Learningの両側面を含めた、学生の自主運営をベースにしたカリキュラムである。本稿では、このITSPのPBLの具体的取り組みを紹介する。